先刻(臨床復帰してからの)論文6号をようやくBJJに投稿できました。これまでのところ1勝11敗と悲惨な成績…で現在これで5戦進行中。何とか勝率3割に載せたいのですが全然通りません涙。論文投稿数が爆発的に増えている現状ではこんなもの?それとも投稿先がズレている?ネタがズレている?論文の構成に問題が…いずれにしろもうアラフォーで立ち止まる時間はないので、兎に角前に進んで経験を積むしかありません。

というわけで、自分の論文だけでこの2年でもう17回投稿する羽目に…それなりにノウハウも身についてきましたが、その過程でそれアカンでしょ!というものを含めたくさん失敗しています。生来ドジなので自分でもある程度諦めているのですが、少しでも減らせるようにこれまでの失敗体験をまとめておこうと思います。恥ずかしいですけど、思いつくもの全部…

【Cover letter付け忘れ】
雑誌によって「そもそも不要」「投稿時に直接入力」「Fileをup-loag」のパターンがあるようなのですが、調節入力する雑誌でCover letterはここ!みたいな案内がなくスルーしてしまいました。その場合は「コメント欄」みたいなところに入力するみたいです。

【Fileの順序間違い】
修正点に気付いて原稿をup-loadし直した際にやっちゃいました。必須Fileの順序は決められた順に自動で並ぶでしょ!という早とちりです。今は最終確認PDFで順序に違和感ないか必ずcheckしています…

【Corresponding author変更で操作不能に】
ご指導いただきつつ書いている論文の場合、メンター先生にコレスポをお願いしています。具体的には、投稿準備してcheckしていただいた後バトンタッチです。が、最終確認前の著者情報入力段階でコレスポ~を自分からメンター先生に移動してしまい、操作不能になることが複数回ありました涙。

【著者情報の間違い】
多施設研究で、面識がない先生とメールベースで相談や原稿のcheckをお願いすることがあります。その際に、名前の読み方がわからない!ことが結構あり…(ほんと日本語って難しい)。読み方教えてください!とか聞けないので、必死でWeb情報や文献情報から探して裏をとるのですが、それでも間違えたことがありました。幸い投稿前に自分で気づいて事なきを得ましたが。あと所属の英語表記とかも同一施設でもバリエーションがあり、Web調査では限界があります。ので、ご本人にメールで確認するのですが返答ないことも多く…リマインドしても返答ない場合は正しい!と考えて先に進むしかないのですが、一抹の不安が残ります。

【共著者の問題】
雑誌によっては結構著者制限があるので、共著者の資格がある方を全員共著にすることはできません。ので、貢献度順に共著者/協力者を決める必要があり。で、最初から共同研究者の先生の中から選別せざるを得ない状況に陥ってしまい…という状況下で、途中参加の先生を協力者と勝手に判断してしまい、投稿後にいや共著でしょという。これは簡単な問題じゃないので、研究開始時点で投稿先を想定しないとダメ、投稿前に関係者全員に確認しないとダメだと強く反省しております。

【引用文献記載法の間違い】
これは雑誌毎に細かく違っていてホント迷惑なのですが、何回か編集部からダメ!と差し戻されました。英語校正を出す際に、すべて「フォーマット調整」までお願いするプランにしているのですが、雑な校正者がいて結構間違っているのです。業者に文句言ったり、やり直してもらうのにも日にちがかかるので、自分で直した方が早い!と自分で直しました。投稿先は限られていますし、大分慣れたのでもう依頼は単純な文法のcheckだけにしようかなと思う今日この頃…

今後は投稿の度にこの記事を見直して、襟を正そうと思います。そしてまた間違ったら書き足していきます。さ、次の論文7-8は大きな仕事なので頑張らなくっちゃ!