査読員をさせていただいている整形系雑誌(IF2くらい)で、最近systemartic review:SRを査読する機会が多いです(例えば、現在査読中の4件のうち2件)。実績がない私のところにまわってくる時点で大分選択バイアスがかかってる可能性はありますが、どのSRもよーく似ています。誤解を恐れずにその特徴を申しますと

・中国人研究者
・英語が雑
・レジストリ登録やプロトコル事前公開がない
・使用するデータベース:DBに中国語DBが入っている
 - そして包含研究の多くが中国語(public access不可)
 - DB毎の検索式がないどころか、key wordの提示のみ
・Methodsが殆ど定型文
 - PRISMAに準じたと書いてるけど、全然準じてない
 - 解析はとにかくRevManに入れて結果だすだけ
・Risk of bias:RoB評価がないか、あってもめちゃくちゃ甘い
 - GRADE評価も同じ

みたいな感じで、そもそもSRとしての最低限のルールが守られていません。SRは他人の褌で相撲をとるうえに、エビデンス総体に迫るインパクトが大きい研究手法です。捏造しない限り研究するのは個人の自由とはいえ、質が低いSRするのは犯罪に近い行為。あまりにもひどいので、今回編集長に提言することにしました。その内容は

非英語DBを使用する際は
 ① 主解析には使用しない(感度解析に限定)
 ② 中国語だけじゃなく他の主要言語のDBも入れる
 ③ 非英語研究にはRoB評価に足る英語サマリーを付録につける

です。怒りに任せてちょっと攻めすぎかもしれませんが、少しは拾ってもらえるでしょうか?まぁさすがにどう忖度しても?rejectなんで査読は楽っちゃ楽…でもただrejectなのは申し訳ないので、建設的なコメントできるだけつけるのは苦行…多分ひびかないし。逆にeditorにこの査読者わけわかんない!と噛みつく輩までいる始末…