臨床研究を学び始めてもう5年目に突入し、ついに泣いても笑っても最終学年です。と思っているうちに、もう4月も中旬に…時間が経つのが早すぎてほんと息つく暇がありません。本来ならばもうインパクトのある雑誌に数本論文を出版して、世間に「研究デザイン学」の重要性をじゃんじゃん発信しているはず…が全然論文が通らず四苦八苦。そんな中でも、ようやくメインで書かせていただいた4号論文がSSRRにAcceptしていただけました。褌を締めなおす?意味もかねて現状を述べますと、

 1号 JBJS→OAC→CORR→Spine J→Spineにaccept
 2号 Spine→ESJ→GSJ→IAOEH→PLOSoneで査読中
 3号 BJJ→Spine J→Spine→JNS-Spine→ESJ→JAH→BMJOpenで準備中
 4号 ESJ→GSJ→SSRRにaccept
 5号 BJJで再投稿準備中
 6号 BJJ→Spine Jで査読中
 7号 執筆中
 8号 執筆中

で、2勝20敗で3戦進行中といったとこでしょうか?投稿先もよく考えないとダメだな~とは思うものの、投稿先も限られているので途方に暮れます。Spine系の雑誌は、どうしてもバリバリの外科医が審査の中心になるので、キチンと方法論を評価してもらえる査読者が少ないことはわかりました。ただ、メンター先生からは、査読者のレベルに合わせる必要はありませんと熱いお言葉をいただいたり…落としどころを模索中です…

まぁ、博士論文候補の5号がついにTop journalにワンチャンス引っかかったり、解析お手伝いした共著論文が3つ通ったり、ようやく少し結果もでてきました。今後もケチャップがドバドバ出るみたいにたて続けに通ったらいいなと祈りつつ、ほかに解析が終わっている研究が4つ、データ収集中の学会研究が1つあるので粛々と空き時間で前に進もうと思います。

4号論文は「非常に重要だけど検証が難しいテーマ」だったので、無い知恵絞ってITSを勉強して捻りだした感慨深い論文です。既存のデータセットを利用したので限界は多々ありましたが、そのなかでは大分頑張れたのではないかと思っています。また出版されたら紹介しましょ…いや、でも…