5月最終日、つかの間の休息のうちにもう1本読んでおきます。たまってきたEAから臨床の役に立ちそうな論文を。Spineに載るSystematic review:SRにはあまりいい記憶がないのですが、ネタが面白そう!結局結論はでたのでしょうか。

Spinal Fusion Surgery and Local Antibiotic Administration: A Systematic Review on Key Points From Preclinical and Clinical Data

臨床疑問  :固定術中の抗生剤局所投与はSSIの予防に効果あるか?
研究デザイン:Systematic Review?
セッティング:全世界

P 脊椎固定術
I 抗生剤の局所投与
C Iなし
O SSIの発生
*Pubmed、Scopus、Webofknowredgeでkey word検索
 - on going研究も3つのレジストリで検索
*RCTも非RCTも全て包含
*Risk of biasはROBINS-Ⅰで評価

脊椎術後SSIは除圧のみで0.7‐2.3%、固定で6.7%と結構高頻度で困る。予防に創内投与が注目されているので、ここ10年の文献を検索しました!という研究。結果は…

・43研究を包含
 - 36は臨床研究、7は基礎研究
 - On goingが6研究

で、結論はバンコマイシン局所投与は効果がありそうだけど、エビデンスの質は高くないのでよくわからないというもの…もう時間がもったいな〇ので本文を細かく読むのはやめますが、抄録がすでに全然抄録じゃない…

【批判的吟味】★★
Spineでのエビデンスレベルは4と低くはされていますが、Titleとか本文に「A systematic Review」と書くのはちょっと詐〇的…何が残念かまとめますと

・ただ文献検索して、文献の一覧表作っただけ
 - Key word検索のみ(網羅的検索していない)
 - SRのレジストリ登録していない
 - メタアナリシス:MAは?
・各々の研究のROB評価結果は?
 - ちなみにRCTのROB評価はROBINS-ⅠではなくRoB2
・PRISMAに準じているとか言ったらダメ

PICO書いたり、丁寧な構成になってはいる印象ですが、やっていることはただ文献検索して一覧にしただけ…これで英語圏の発信ならホント詐欺ですが、イタリア発?なんで頑張って英語書いた努力は賞賛してもいいかもしれません。いや、でも…せめて結果は読みやすくまとめて欲しかったです。

【コメント】
エビデンス評価下げたとしても、これでSRという表記許すのは、S〇ine…手術しなきゃいけない外科医がいい研究するのは正直大変だとは思いますが、いくらなんでも文献検索して一覧にしただけの論文をSRとして載せるのはいくらなんでも…これでいいなら臨床しながらでも月1本載せれるなぁ…実績作るのはそれが一番早のかも…でもいくらなんでも…