最近ただでさえキャパが低いところにお仕事引き受けすぎて、気を失いかけている間にもう4月が近づいて参りました。やればやるほど果てしない疫学の世界、臨床から離れて本来のコアバリューである「脊椎外科領域に研究デザイン学の普及」を見失わないようにしつつ、臨床も研究も前に進むしかありません。

という自己暗示はさておき、最近本当にあった怖い話を。

ハゲタカジャーナルはもう有名だと思うんですけど、知人が関わる研究で実害を受けたことを教えてもらいました。どうなったかというと

・著者が独断でハゲタカジャーナルに投稿
・著者から投稿報告を受け、共著者が確認しハゲタカジャーナルと看破
・即日投稿撤回の連絡したが音沙汰なし
・約10日で返事があり、もう査読開始したので〇〇万円払え!!

ほんまにあるんや...こわすぎる…

なんでハゲタカにやられちゃったのかといいますと
・雑誌の名前が格好いい
・IF高め

だからとの事。でもこのIFが曲者で、偽物だったようです。本来IFはWeb of Scienceでの被引用数を基に計算されるもの。でもGoogle Scholarなど、他のレジストリでの被引用数で計算するなんちゃってIFが載せられているそうです。私も最近Google Scholarに何となく登録してみましたが、古ーい日本語論文とかも全部でてきて、え?という私の実績からすると多すぎる引用数。コレならウ〇コみたいな論文とか記事載せまくって、自己引用しまくればなんちゃってIF3とかすぐ作れちゃいます…

完全に詐欺なのですが、偽IFとはいえ嘘ではない。自分で選択して自由意志で投稿しているわけなので、撤回は簡単ではなさそうです。なんせ論文を人質にとられてしまっているので、出版されでもしたら他に投稿できなくなっちゃうかも…後付けで見直すと、投稿した時点で査読料最低〇万円必要などちゃんと規定に書いてある模様。「最低」というのがミソで、事実〇倍に吊り上がったと…

対策としては
・由緒ある雑誌以外、HPにあるIFは信用しない
・というか、由緒ある雑誌以外投稿しない
・せめて名の知れた出版社にしか出さない
・投稿時は共著者にちゃんと確認をとる(オプトアウトでも)

しかありませんね。著者のはやく再投稿して楽になりたい、という心理に付けこみ、更に論文を人質にとって脅すという巧妙な手口。投稿料、審査料、掲載料、吹っ掛け放題だし、ホントよくできてます。気を付けよっと…