今回は文献検索の効率的なやり方を紹介していきます。まずはなぜ効率的なやり方が必要か

学会発表のときや臨床で行き詰ったとき、抄読会の前などには文献検索をすると思います。日本語なら医中誌、英語ならPubMedに思いつくキーワードを入れて検索してみるでしょう。ただ同じ事象を表す単語いくつもありますし、雑音が入りすぎて効率が悪すぎます。また別の日にもう一度検索してみよう!と思ったときに全く再現できません。とくに近年爆発的に論文が増えていますので、効率いい検索の重要性は益々高まっています。

より問題になるのは調べ漏らしです。文献検索の際に調べ漏らしがあると非常に困ります。ちょっと調べたいだけなら影響は小さいですが、何か研究する前にすでに既報がないかを調べる場合や、過去の研究をまとめるレビューを行う際などには致命的です。

そこで共通言語を意識した検索を行います。以前にMeSHターム知っていますか?の記事で紹介しましたが、検索の際に共通言語を使用すると調べ漏らしが減ります。例えばPubMedならMeSHターム、医中誌ならシソーラスになります。

ただ共通言語による検索だけでは網羅的な検索には不十分です。なぜなら

①適当な共通言語がつけられていない文献
②まだ共通言語がつけられていない文献
③その共通言語が共通言語として登録される前の文献
④共通言語もしくは派生語が使われていない文献

を取り漏らす可能性があるからです。①は文献に共通言語を付与するのは専門家ではないことが多いため起こり得ます。適当に文献を検索して、Abstractの下の方にある“Publication type, MeSH terms”をみてもらったら実感できると思います。

②は要するに最新の文献でまだ共通言語は付与されていないものです。付与は大変な作業ですし、電子化や新興誌の増加で近年爆発的に論文が増えています。全然根拠のないただの印象ですが、1-2ヶ月のタイムラグはあるんじゃないでしょうか。最も最新の知見が拾えないのは痛いですよね。

③も以外と多そうです。タームによっては何年に登録された、などの情報が載っていますが、意外と2000年代も多い印象です。

④もとくに脊椎外科の分野では以外に多いことを実感します。例えば椎間板ヘルニアのMeSHタームはintervertebral disc displacementなのですが、より頻用されそうなdisc herniationはEntry Terms(PubMedではこれを入れるとMeSHに変換して検索される)にすら入っていません。lumbar disc herniationの文献はMeSH検索では引っかからないわけです。

まとめますと

思いつきキーワード検索 < 共通言語検索
<< PECO(S)検索


になります。PECO(S)検索のこと書いてないやん!ですよね。長くなってしまったので次の記事に続きます。