論文ができると、全く研究と関係ない同僚の名前を載せるgift authorshipが常識だったように思います。むしろ載せないと「何で載せてくれないの?」とへんな空気になることも。かく言う私のh-indexは概ねこのおかげです。ただ真面目に考えるとクロ!とまでは言わないまでも、クロに限りなく近いグレーです。というわけで、良識的な雑誌は著者の貢献度を述べることを求めるようになっています。

CRediT
  (Contributor Roles Taxonomy)は、論文における著者の貢献度を可視化するために考案されたフォームです。JBJSはじめ多くの雑誌が採用しているようです。以下私の意訳をつけて紹介します。

 1 Conceptualization           ネタ作り
 2 Data curation                   データ整理と管理
 3 Formal analysis               解析
 4 Funding acquisition         研究費の獲得
 5 Investigation                    データ収集
 6 Methodology                    研究デザイン
 7 Project administration      研究運営
 8 Resources                       資源の準備
 9 Software                          コード書き
10 Supervision                     監督
11 Validation                        妥当性の検証
12 Visualization                   プレゼンの準備
13 Writing original draft        原稿の製作
14 Writing review & editing  校正

先日論文投稿するにあたり、ソワソワしすぎてよくわからないまま適当に割り振ってしまいました💦大きく外れてはないでしょうが... 次からはちゃんとしよう!てか次がなくそのまま通ったら最高だけど