お恥ずかしながら相変わらず英語力が低く、論文書くときはガッツリ校正業者に出します。どこが良いかは未だによくわからないので、今のところeditage一択。すると親会社のCACTUSからResearcher Life Ambassador(RLA)に応募しないかと誘いがきました。ざーっと確認すると、どうも英語校正が割引してもらえる!?模様。どうせ利用者全員に案内行ってるんだろな~と思いつつ、英語抄録・口演原稿・論文などで相当額手出しして結構キツイので応募してみることに。面倒臭そうならやめりゃいいし、「審査して通れば案内します」とあるので多分通らんでしょ、と軽い気持ちで簡単なフォームに入力しました。

特典はいくつかあって
 ①CVに書ける (意味あるんかな?)
 ②Editageのサービスにアクセス可 (割引は?)
 ➂研究関連のAI技術を学べる (当分要らない…)
 ④教材が利用できる (そんな時間ない…)
 ⑤AIによる原稿改善サービスの利用 (効果あるの?)
 ⑥WebinarやEventでしゃべる機会 (英語の敷居高いっス)
 ⑦Eventする際に手伝ってもらえる (ちょっと先かな)
 ⑧頑張ったらご褒美 (研究資金くれるの?)

の模様。まーあまり実利はなさそうですが、毒饅頭ではないかな?という印象。で、応募してそのまま忘れてたら数日でなんと「入会案内」が!大丈夫かなと半信半疑ながら、とりあえず入会してみました。手続きは

 Step1 SNSで入会したことを宣伝
 Step2 案内されたWebページからRLAに登録
 Step3 サービスの一つであるR(統計ソフトのRとは別)に登録
 Step4 オンライン説明会に参加(30分ちょっと)

でStep1はちょっと怪しいものの、あとは別段負担にならず。「今後盛り上げていきたいから、手伝って!お金は払わないけどサービス特典たくさんつけるし」って感じ?現時点でHost5人、Memberは私入れて38人、非英語圏の方々ばかり(中国、韓国、インド、アフリカ、南米etc)です。とりあえずチャットで引き気味に挨拶して幽霊部員的に様子みることにしました。割引とかしてもらえそうなら続けてみようと思います。