二択で迷ったらアグレッシブな方を選べ

本ブログのコンセプトは 「外科系臨床医に臨床研究について知ってもらう」です。自分で勉強したことを備忘録として気ままに書いていますので、情報の真偽については責任を負いかねます。また専門性が高い方にとっては内容が浅い点、分量が多くて読み辛い点もご了承くださいませ。

カテゴリ:臨床研究 > 論文の書き方

イロイロ相談をいただいたり、和英問わず査読をする際に、研究対象者数Nを方法の項に書いてあることが多い(というか殆どそう)です。私はそれは修正した方がいいと思うのですが、なぜなのかを整理しておきます。

【Methodsに書くこと】
臨床研究とは、とある臨床疑問CQを解決しよう!と、データ集めて解析する研究です。そしてMethodsは「どうやってそのCQを解明するか」を詳述する項です。要因EとアウトカムOの関連を検証する研究を例に挙げますと、Methodsにはどういうセッティングで、どういう基準で対象者(P)を集めて、どうOやE/Cを定義・測定して、E/CにおけるOの差をどのように解析して示すか、欠測にどう対処するか、などを記します。当然研究の質を評価するに十分な内容であり、第三者が自分もやってみよう!と思ったときに別のセッティングで同様の研究が再現できるに足る内容であり、その他の無駄は省いて整理された内容である必要があります。

ここでPについて必要な情報は「どのような包含基準で対象者を選抜」して、「どのような除外基準で枝打ち」してPを決めるかであり、実数は不要です。ただし当然不可欠な情報ですから、Resultsの最初に記して、何ならFlow chartでわかりやすくするべきです。

【源泉集団と研究集団のちがい】
また、ちょっとひねくれた見方をすると、Methodsに対象者の実数を記すということは、自分が興味あるのは手元にあるデータだけですよ!と宣言するようなものです。研究が終わったら論文化を目指すわけですから、当然そのCQは著者の目の前の患者だけではなく、似たような境遇の他の医師や患者にもあてはめたいはずです。以前記した研究対象についての記事の図を再掲します。

選択バイアスについて
C:源泉集団(研究結果を当てはめたい母集団)
B:標的集団(研究でアクセス可能な集団)
A:研究集団(実際に解析した集団)

手元にあるデータAを解析して知りたいのは、Cにおける真実です。色々な統計解析はAがCの代表であることを大前提に、AからCを想像する手法です。ので、実際にみているのはAを通じたCです。なので、Bが何人でAは何人でした!とMethodsで宣言することには違和感が。MethodsにはCをみるためにこんなBを準備します(セッティングや期間)という情報を書いて、Resultsに結果としてBが何人でAは何人でした(参加拒否者や欠測の情報)を示すのがいいと思います。

【まとめ】
とまぁ理想を言えばキリがないのですが、NをMethods→Resultsに移動するくらい大した手間じゃないし、少しでも自分の研究の見栄えを良くするためには、一考の余地があるかと思います。こういう小知恵でメッキを貼り貼りするのも臨床研究力!?

先日JBJSに引き続いてOACに投稿したことを記事にいたしましたが、投稿してから3ヶ月ちょっと...

The editorial review is complete. … I regret to inform you that the reviewers did not give your manuscript a high enough rating to select it for publication in Osteoarthritis and Cartilage.

という通知が返ってきました。どうせダメならもうちょっとさっと仕留めて欲しかったです(って皆さん通ってきた道ですよね)。今回も査読者は3人で、指摘された問題点を簡単にまとめますと
 
 #1  non-Editorial Board?
結構厳しめ(すべて想定内、対応は可能)
診断ツールによる要因の誤分類
複合アウトカムの妥当性

 #2  Editorial Board?
やや肯定的(対応は難しくない)
     複合アウトカムの妥当性
 #3 Biostatistician?
やや厳しめ(すべて想定内、対応は可能)
      解析についての小さな質問のみ

と、JBJSのときと比べて全然対応できるじゃん!という内容。言い訳する機会欲しかった…#2とか結構褒めてくれてたんですけどダメなんですね。「査読者ごとに採点して、その点をみて判断する」と通知は続いていたので、つけてもらった得点がmajor revisionにも届かなかった様子。偶然昨日投稿先候補を調べたところ、図らずもNo.1投稿先でした。同期でhigh IF誌に通せた数人は「査読者みな好意的でした」と言っていたので、強い雑誌だと最初から褒められないと通らないんですね。厳しい…

全体的に「手術推しな論調はやめなさいよ」という雰囲気だったので、外科医ベースの雑誌ではないんでしょう(世界OA学会の機関誌だし)。投稿先にもイロがあるのは勉強になりました。もしBJJやCORRだったら...という妄想は封印して、3度目の正直なんでそろそろ現実路線、少しランクを下げて投稿先を探さなきゃ。共著者にまたサイン頂くのも申し訳ないし、通ったら提出する雑誌にしようかな。やはりディスるのは簡単、通すのは難しい...

最近仲良くさせていただいているK先生から「CONSORT」とか「RoB2」って何なの?とお問合せをいただきましたので、簡単に解説しておきます。私の勝手な思い込みが入ってたらすいません💦本記事では「CONSORT」について。

我々臨床家はキホン論文を読んで勉強します。まぁ実際は忙しいし,教科書を読んだり講演聞いたりして代用することが多いですが。いずれにしろ学んだことを自分の臨床に活かすか?を判断する際には、結果が信頼できるかの評価が欠かせません。評価するためには「ものさし」が必要です。でも普通ピンときませんので、「S〇ine」に載ってるから、偉い先生が言ってるから、自分の臨床経験に矛盾しないからといったことが基準になります。それで大外れはないかもしれませんが、他人まかせ感は否めません。

実は論文評価のための「ものさし」はいくつかあり、その一つが「臨床研究ガイドライン」です。論文に示された結果が信頼できるかどうかは「バイアスの大きさ」に依ります(バイアスの種類については別機会に)。そして「必要な情報」が示されていないと、バイアスの大きさを想像することができません。臨床研究ガイドラインは、その「必要な情報」を示す指針といえるでしょう。

臨床研究には様々な手法(介入研究、観察研究、症例報告etc)がありますが、実はその手法ごとにガイドラインがあります(ちなみにCONSORTはRCTのガイドライン)。なかには特定の研究テーマに特化したガイドラインまであり、これらを意識して研究するかどうかだけで大分違ってきます。素敵なことに、ガイドラインを検索するサイト(equator network)もあります。以下有名なものをはじめ420もガイドラインが紹介されています。
 
 RCT CONSORT
 観察研究 STROBE
 システマティック・レビュー PRISMA
 診断研究 STARD、TRIPOD
 症例報告 CARE

自分の研究テーマ、研究の型が決まったらまずガイドラインをcheckして、それに準じた研究デザインを組むべきでしょう。そして論文を査読する際はもとより、読んで勉強する際にも意識するといくらか惑わされにくくなるはずです。中には有志により日本語訳されているものもあるので、是非探してみてください。今初めて知ったけど、「手術関連の観察研究」「手術関連のケースシリーズ」のガイドラインまである…要checkや…

先日JBJSにRejectされて、次の投稿先を探しておりました。折角頑張って書いたし、貴重なdataを使わせて頂いたのでもう一回くらい挑戦したいな!と苦慮し、結局Osteoarthritis and Cartilage(OAC)に投稿しました。何かと忙しいシーズンで再投稿までに1ヶ月かかってしまいましたが汗。

OACは変形性関節症(OA)関連の国際学会であるOARSIの機関誌です。OARSIは創立1990年と比較的新しいですが、OAのインパクト自体が高齢化社会が進むにつれ高まっており、勢いがある学会です。OAC自体もかなりしっかりした雑誌で、2018IFが4.88と整形関連ではJBJSに並ぶHigh Impactな雑誌になっています。

投稿経験がある教員先生によると、「査読者に生物統計家が入ってきたり、ガチな雑誌」との事。JBJSより厳しいんじゃないか…と若干弱気になりつつ、とりあえずいってみます!結果はまた報告いたします。これでダメだったらIF3前後の現実路線か、教授先生方に毎回サインお願いするのも忍びないし…でもCORRも捨てがたい。何とか引っかからないかなぁ。

先日JBJSに投稿したことを記事にいたしましたが、投稿してから36日...

Consequently, I regret to inform you and your co-authors that the decision has been made not to accept your manuscript for publication...
Unfortunately, the number of quality submissions to JBJS far outnumbers the space available for publication. I hope the reviewers comments will be of help to you should you decide to submit your manuscript elsewhere.

という通知が返ってきました。査読者が3人ついて、なるほどごもっとも!というか、直しようがない指摘でノーチャンス。いずれも限界点としてわかっていて、それでも価値のある研究だと自負していたのですが涙。3人の査読者から指摘された問題点を簡単にまとめますと
 
 #1 診断ツールによる要因の誤分類
    アウトカムの誤分類
    未測定交絡
 #2 残余交絡
    診断ツールによる要因の誤分類
    未測定交絡
 #3 要因をあり/なしではなくカテゴリにすべき
    効果が小さすぎる(過去起点コホートならHR2.5はないと信用できない)

と、コメントを受けて改良できそうなところがないのは残念です。この研究に関しては、これ以上作りこめないということだろう!と前向きに捉えます。構成としてはよくできてるね、ネタとしては面白いね、と慰めてもくれましたし。丁寧に読んでいただいたことを感謝します。いずれJBJSに雪辱せねば。

さて、気を取り直して次の投稿先を探しましょう。「論文の書き方」の講義でも、先生から「rejectされたら自分のマーケティング戦略が間違っていたと思って、1週間以内に再投稿しましょう!」と教わりましたし。もっかいくらいOACやCORRに挑戦してもいいですよね。また参加同意書はじめ書類を作り直すのは憂うつですが...やはりディスるのは簡単、通すのは難しい...

このページのトップヘ