二択で迷ったらアグレッシブな方を選べ

本ブログのコンセプトは 「外科系臨床医に臨床研究について知ってもらう」です。自分で勉強したことを備忘録として気ままに書いていますので、情報の真偽については責任を負いかねます。また専門性が高い方にとっては内容が浅い点、分量が多くて読み辛い点もご了承くださいませ。

カテゴリ: 日本100名城

長らく攻城から遠ざかっていたのですが、ついに再開できました。今回は徳島城です。

徳島市は人口約26万人の徳島県の県庁所在地で、阿波踊りが全国的に有名です。廃藩置県の頃は日本10番目の大都市でした(いま10位なのはさいたま市:128万人)。ここ20年くらいでしょうか、徳島ラーメンも有名になってきました(私は各地のラーメンを食べましたが徳島が1番好きです)。

徳島県の前身である阿波藩は豊臣秀吉の股肱の臣である蜂須賀正勝の息子家政が阿波一国の領主として入封し、徳島城を築城して一宮城(続日本100名城に認定)から移って明治維新まで続きました。

徳島城はJR徳島駅のすぐ裏にあり、正に徳島市の中心です。復元された鷲ノ門から場内に入ります。
鷲ノ門

門をくぐってすぐ右手には立派な虎口が。さすが阿波25万石の中心です。
虎口

左に進むと初代藩主の家政公の銅像があります。元々は藩祖の正勝像だったそうですが、第二次世界大戦の際に供出されてしまったとの事。
家政像

そのまま城山に向かって北上すると登城口がある、、はずですが台風の影響もあり城内は荒れて順路もよくわかりません。大丈夫かな、、
割と急な石垣をせっせと登ると5分ほどで頂上の本丸跡です。突然視界が開けて草野球でもできそうなかなり広い広場が出てきました。ちょっとした達成感。
本丸広場

帰りの石段も枝葉で埋もれています。中央に手すりがあるのですが外にはありません。恐る恐る下をのぞいてみると意外と切り立った石垣で落ちたら怪我じゃ済まない感じ。高所恐怖症の私にとっては冷や汗ものの登城でした。上からは(怖くて)写真が撮れなかったので下から見上げた石段です。
石垣

帰りは鳴門市の三八に寄って帰宅。やはり城はロマンです。
徳島城スタンプ





先日4月6日(シロの日)に重大発表が!

日本100名城は周知の通り?ですが、選に漏れた城の中から続日本100名城が選出されたのです。新聞各社が報じていたのには少し驚きました。以外と注目されているんですね。選出元の日本城郭協会のサイト内でリストが公表されています(続日本100名城)。

大河ドラマの舞台となった(と思われる←私は観ていないので)真田家ゆかりの名胡桃城や岩櫃城、黒田家ゆかりの中津城が選ばれていること、激しい戦場となった高天神城や備中高松城が選ばれていること、規模も残存遺構も十分ながら天守閣などの再建が不正確で100名城から漏れた小倉城や唐津城が選ばれたことなどが特徴的だと思います。

個人的には知る人ぞ知る佐賀の獅子ヶ城や岸岳城、岩櫃城が選出されるなら岩殿城も選出してもらいたかった気がします。中津城のついでに城井谷城とか、、

城はロマンですね!
高所恐怖症なので山城には登りませんけど。

そういえば日本城郭協会から城郭検定なるものもあることを知りました。受験するべきか、、

機会があったらまた改めて記事にしますが、第19回日本低侵襲脊椎外科学会に参加してきました。朝から参加し、発表し、興味深い合併症関連のセッション-成人脊柱変形のランチョンセミナー-腰椎側方固定術のセッションと流れて、ポスター&ハンズオンに顔を出し、最後のシンポジウムまで小一時間時間ができたので会場裏(にありそうにgoogle map上は見える)の皇居=江戸城を覗いてみることにしました。

江戸城は言わずと知れた徳川幕府開設の地です。扇谷上杉氏の重臣である太田資長(道灌)が1457年に25歳の若さで築城したのが始まりで、徳川家康が後北条氏との戦の功績という名目で三河遠江から国替えされ基盤を築きました。徳川幕府以降現在までの日本近代史の中心地です。

東京駅から大手門を目指して歩くと、、結構遠い!早歩きで約10分で何とか到着。
大手門

したのですが、ちょうど皇居東御苑は閉館日でした。普段は無料解放されているのですが、月金は休みなのです。やはり思いつきで来ても良いことありませんね。大手門前には事情を知らない私と外人観光客数人しかいませんでした。折角なのでジョギングしている人たちとすれ違いながら濠周囲を散歩します。ていうか江戸城って壮大、、今まで経験した城址とは格が違いました。濠も広い、、
大手濠

平川門もやっぱり閉まっており、そのまま竹橋から城内へ。すでに出発して20分以上経過し、ちょっと時間がなくなってきました。めげずに前進し北桔橋門へ。石垣も壮大でスケールが違う、、
中に入ってみて天守台とか見たかったです。
北桔橋門

そこでふとスタンプを思い出す。もしかして御苑内?慌てて調べてみると北の丸休憩場にあると。やっぱりスマホって便利!折角なので北の丸に向かう陸橋を渡って小走りに北上します。歩いて帰ったらシンポジウムに間に合わない、、どうしようか悩みつつスーツで駐車場や公園を通り抜けつつ走ります。と過去に耳にしたことしかない日本武道館が出現。IRIS?とかいうアイドルグループのイベントがあるそうで、長蛇の列。しかし時間がない私はとにかく休憩場へ。武道館の目の前の小じんまりした建物でした。
日本武道館

ぽんと店の中央にスタンプがありますが、思いつきなのでスタンプ帳はありません。大体スタンプ押す台紙が置いてあるのですが、、ない!何も押す紙がないので、慌ててコーヒーを頼んでレシートの裏に押します。その後田安門から九段下に出て、地下鉄2駅で大手門前まで戻り、ギリギリシンポジウムに間に合いました。やはり徳川幕府の本拠地は見応えがありました。次回はゆっくり見て回りたいですね。
江戸城スタンプ

福岡市は人口約155万人の政令指定都市であり、東京・横浜・大阪・名古屋・札幌についで全国6番目の中四国九州最大の市です。全国でもっとも人口増加が大の都市圏を形成しています。福岡という地名は初代藩主の黒田長政が警固群福崎に築いた際に故郷に名前をつけたことに由来するそうです。福岡城跡航空写真

黒田長政とは先の大河ドラマで有名になった黒田孝高(官兵衛)の息子で、関ケ原の戦いで恩顧ある豊臣方ではなく徳川方についた功績で現在の中津市から加増され筑前1国を任されるようになりました。その後代々黒田家が統治し幕末を迎えます。

市の発展に伴い、かつて47個あった櫓をはじめ多くの建築物が失われましたが、政庁やスポーツ施設などの変遷を経て多くの石垣などの遺構が残り見応えがある史跡になっています。2013年に舞鶴中学校跡に三の丸スクエアが開設され、100名城のスタンプも設置されています。横に大きなタイムパークがあり、(スタンプまでの)アクセスが非常に良くなりました。先駆けて提唱された市の“福岡城セントラルパーク構想”により城址は整備されていく予定です。
元舞鶴中学校

名島門をくぐり本丸への階段を上ると壮大な石垣群に圧倒されます。本丸跡は松や井戸があり風情がありました。さらに鉄御門から大天守台に登るとかなりのパノラマ。ただ高所恐怖症の私には居心地が悪かったです。かなり広く緑も多いので近隣の住民にはいいジョギングコースになりそうです。ただトイレやベンチはあったものの、場内に自動販売機がないので夏場はちょっと注意です。
名島門
鉄御門跡
大天守台跡
福岡城スタンプ

大分市は人口約48万人(九州で5番目)の中核市です。東九州道が紆余曲折を経て全線開通し、宮崎方面からも福岡方面からもアクセスがかなり良くなっています。

大分といえば大友宗麟の本拠地!と思いきや、現存の大分府内城址は大友氏とは無関係でちょっと残念でした。石田三成の姻戚である福原氏が築城し、早川氏が引き継ぎ、秀吉の参謀で名高い竹中半兵衛の甥(従弟や弟との話も、、)が完成させ、更に竹中氏の断絶後は日根野氏、日根野氏断絶後は松平氏になりその後松平氏が続き明治維新を迎えたそうです。

城址は大分市の中心にあり、現存する本丸内には1962年まで大分県庁があったそうです。その後大分文化会館が建設され2013年に閉館しました。ナビで検索しても駐車場が付近になく、城址を一周しながら見つけた北側にあるコインパーキングに駐車して登城です。城に近づくと現存する人質櫓が見えました。結構立派!
人質櫓

城址は堀に囲まれており非常にわかりやすい構造をしており、立派な廊下橋を通って本丸に入ります。雰囲気出ていい感じ、、
廊下橋

と思いきや本丸には殆ど遺構はなく、天守台はじめ石垣は結構残っているのですが建物が殆どない!なぜかというと、本丸の半分が文化会館跡地で現在ただの更地(臨時駐車場?)になっており、残りの半分は駐車場だからです。とういうわけで付近に駐車場が少ないのは、普段は本丸内の広い駐車スペースが利用できるから、、なのが現在は先の大地震で破損した大手門の補修工事中で乗り入れ禁止になっているようです。何かこんなんばっかり、、

当初は立派な天守閣もあったそうですが、1743年の火災以降は再建されず、明治維新で本丸以外は破却され、更に第二次世界大戦後で一部の櫓以外は殆ど失われました。その後多聞櫓門(通称大手門:現在工事中)や廊下橋が再建され今日に至ります。立地もいいし天守台もあるので是非発掘調査を進め重要な建築物を再建して欲しいものです。大分市割と大きいのに勿体ないような、、

期待感が減るので敢えて!下調べしないのですが、大友氏の資料の展示とか少し期待していたのは的外れながら、ここまで何もないのはちょっと意外でした。小さくてもいいので資料館くらいは欲しいですね。
通行止め、、

ところで件のスタンプはどこに!?本丸には何の建物もないし、頼みの綱の大手門は工事中で立ち入り禁止だし、、
慌ててスマホで検索するとなんと
スタンプ置き場

ここにありました。背後が臨時駐車場です。覗いても人誰もいないし、当然鍵もかかっているので唖然としたのですが、表に回るとスタンプは外にポンと置いてありました。よかった。でも雑、、
まぁこれでようやく6城目です。あと94城!全国制覇は考えていませんが。
大分府内城スタンプ









このページのトップヘ